奇跡の酸性パーマ

未分類

髪と同じ、酸性領域でかけることで当然ダメージレス!

パーマ液、そのほとんどはアルカリ性で作られています。

アルカリには髪を膨潤させる役割がありますが、それによって開いたキューティクルの間から還元剤と呼ばれるものを浸透させることでパーマがかけられるようになるからです。アルカリには髪の毛をダメージさせる性質があり、多くを配合すると、パーマはかかりやすいですが髪が傷んでしまいます。

ヘアカラーが一般的になるまでは髪のダメージが少ない人が多く、パーマ液も強いアルカリ性にしていないとパーマがかかりにくい状況でした。しかし現在ではヘアカラーをされる人の比率がどんどん増えて、パーマよりもヘアカラーをする人の方が多くなりました。

その様な中でさまざまなメーカーがヘアカラー対応、ダメージ毛対応のパーマ液を発売しています。しかしアルカリを減らすことはできても、今までは弱酸性でパーマをすることが難しいままでした。アルカリを配合しないとキューティクルが開かず、還元剤が髪の内部に入らないからです。

しかしようやく技術の進歩もあり、トリートメントが浸透する原理を利用して、弱酸性でもパーマがかけられるようになりました。

「弱酸性パーマ」は髪を膨潤させたりキューティクルを無理に開く必要がありませんので、それによるダメージを与えることがありません。またダメージの原因になるアルカリを使用していないので、パーマのあとアルカリが髪に残留してしまいダメージを与えることもありません。こういった理由から弱酸性パーマは髪に優しく、パーマする時のダメージを大きく減らすことができます。

また弱酸性パーマはお肌と同じ弱酸性なので刺激が少なく、頭皮への負担を減らすことができます。多くの人が一度は経験したことがある、パーマ液独特のツンとしたアルカリによる刺激臭もありません。より優しくパーマをしたい人にピッタリなのが弱酸性パーマです。

すでにダメージしてしまった髪やヘアカラーしている髪、また優しいパーマをお探しの人に「弱酸性パーマ」をオススメします。ダメージを抑えてパーマできるだけでなく、頭皮や体へ配慮し、より安全性を高めながらパーマをすることができます。

「弱酸性パーマ」の特徴

髪や頭皮と同じPhの弱酸性で、施術時の負担を軽減。

髪・頭皮・体に優しく安全性が高い。

パーマによるダメージを大幅に改善。

ヘアカラー毛などのダメージしやすい髪に最適。

柔らかくて自然な動きのある仕上がり。

Conte 美容室 美容院 サロン 堺 鳳 モデル 美容師 美容学生 アンティーク デジタルパーマ 縮毛矯正

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧