こんにちは!髪質改善と縮毛矯正か得意で髪が傷まない施術ができる堺市鳳の美容室Conteです!

今回は髪が乾燥してパサつきやすい髪質、またそれによって艶が出にくい髪質を綺麗な艶のある髪に髪質を改善していきたいと思います。

そもそも髪の艶とは何ぞや??

どうすれば髪に艶が出るのかを解説していきます!

 

髪に艶が無いのは何故

そもそも髪が健康=髪がツヤツヤというのは間違いです

 

艶とは何かというと光の反射、光の屈折率によって変わります。

 

例えば今までにカラーやパーマなど薬剤を使った事がない子どもの髪、いわゆるバージン毛と言う髪であったとしても、クセ毛のようなちぢれ毛だと艶は出ません。

 

髪の断面が均一でないと光が乱反射したときに艶は出ません

 

 

逆にカラーなどを繰り返し、ダメージのある髪の毛があったとしても直毛で断面が均一の髪の方であれば、面が整っているので光が綺麗に反射するので綺麗な艶が生まれるのです。

なので髪が健康だから艶だ出るのではなく、また傷んでいるから艶が出ないと言うのは

間違いになります。

 

要は断面が均一なストレートの方が艶が出るし健康毛でもクセ毛だと艶は出にくいと言う事を知っておいてください。

 

ただ、髪がダメージすると髪の毛が変形していったり、キューティクルが剝がれていき

艶が出にくくなるのは事実で、健康な髪でクセが無いのが状態が艶が出て綺麗に見える状態と思います。

ですので、いくら高級なシャンプーやトリートメントを使って、髪に栄耀補給しても、それだけでは髪に艶を出すという部分では効果が薄いかもしれません。

 

 

 

髪に艶を出すためには?

上の写真のような髪の艶は、必ずしも傷んでいるから艶が無いということはありません。

 

健康な髪でもクセがあると艶は出にくいです。

大切なのはクセを落ち着かせて、民の断面を整えて一枚のガラスのようにしていけば艶のある髪質に変わります。

 

Conteでそれをかなえるメニューが酸性縮毛矯正です。

 

髪のクセを取り除き真っ直ぐに伸ばす事で毛流れが整うので、髪に艶を出すことが出来ます。

 

しかし皆さんもご存じの通り、一般的な縮毛矯正は薬剤のパワーが強く、髪絵の負担も高いので縮毛矯正=髪が傷むと感じる方は多いと思います。

 

確かに一般的な縮毛矯正は髪への負担が大きく繰り返しやる事で毛先の方がチリチリとダメージになったり最悪の場合髪が切れてしまっている方も沢山見てきました。

 

ですのでConteでは縮毛矯正だけではなく、髪の状態に合わせてオリジナルの髪質改善で髪質自体を変えながら、ダメージを与えることなくクセを落ち着かせて、まとまりある艶髪に変えていきます。

 

髪のクセやウネリ、パサつきの原因を見極める事で縮毛矯正と髪質改善トリートメントで艶髪にしていくことが出来るのです。

 

髪質改善トリートメントエステ

 

上の写真のような艶を出す条件を考えながら髪質改善をして艶髪へと改善していきます。

今回のお客様は全体にウネリがあり、以前の美容室で毛先をスカスカにカットしているため、パサつきと広がりで艶が無くなっています。

状態として、髪のダメージはそこまで深刻ではないのですが、とにかくパサつき、広がりがあるので艶がありません。

今回はこの状態の髪を柔らかくほぐしていき、毛髪内部のたんぱく質を整えて艶髪にしていきます。

 

髪の毛の中を綺麗に整頓していくイメージですね。

 

その工程を行うことでパサつきウネリが落ち着き、断面が整って艶が生まれました

髪の毛自体は乾燥しやすい髪質なので、次回からは油分などを足しながら潤いを保った髪質へと改善していきます。

 

Conteの髪質改善は徐々に段階を踏みながらステップアップして理想的な艶髪へと変えていきます。傷んでいれば傷んでいるほど、焦らず、じっくり改善していくことが大事です。

 

まとめ

 

いかがですか?

髪に艶が無くなりお困りの方、上記の事を意識してみると今までと違った事が見えてくるかもしれません。

いくら髪に栄養を入れて、高価なトリートメントをしても、艶の出ない髪質は考えを見直してみることも良いかもしれませんね。


この記事をシェアする

関連記事